脱「愛国カルト」のススメ掲示板 523103

「脱『愛国カルト』のススメ」というウェブサイト用の掲示板です。サイト記事と直接関係ない話題だけど、議論したい、考えたい、意見を聞きたい、というときにお使いください。


オタク差別について

1:バシルーラ :

2018/05/15 (Tue) 11:26:46

以前から、差別に関する考え方で、私の大嫌いなものがあります。

【人種や民族など、自分では変えようがない事柄に関してバカにすることや排斥することは差別だが、趣味や嗜好に関してはバカにしても排斥しても差別にはならない】

【なぜなら趣味や嗜好は変えようと思えば変えられるから】

というもので、ここのブログや掲示板でも、ときどきこの論が見られます。


「趣味」なんて打ち込んでやっていれば、そうそう変えられるものではないのに、この論を支持する人って、きっと無趣味か、真剣に取り組んでいる、ある意味「愛してやまない」趣味をもったことがない、寂しい人なのでしょう。

そんな私の思いを代弁してくれる、素晴らしいブログを発見しました。

山本弘という方(SF作家です)のブログに、もう100%私と同じ思いのことが書いてありました。

今まで、周囲から上に書いたようなことを言われて、悔しい思いをしてこられた方は、ぜひ
これを読んでみてください。

http://hirorin.otaden.jp/e443118.html

一番、深くうなずいた部分を引用しておきます。

【以下引用】
彼らはオタクではないから、オタクは「たかが趣味嗜好」であり、「変えがたい属性」を持たないと思いこんでいる。「オタクをやめろ」「アニメなんか観るな」「フィギュアなんか捨てろ」とか言われたら、それに従うのは簡単だと信じている。権力者から表現規制されても「しょうがない」と安易に従うに違いないと。
それらがどれほどの心の痛みを伴うのかを理解できない。
東京都の「非実在青少年規制」に際して、僕らがどれほど激しい反対運動を繰り広げたか知りもしない。
2:ネトウヨもバカサヨも嫌い :

2018/05/16 (Wed) 01:25:40

ほんとこれ。
オタクはネトウヨだとかぬかすてきとう民やツイサヨみたいなオタク憎悪のバカサヨはネトウヨと同レベルの差別主義者ですね。

「○○差別など存在しない」←これ差別主義者の常套句ですから。

ネトウヨ「在日差別など存在しない」←そう言いつつ自分らがこの世で一番在日を憎悪して差別している。
バカサヨ「オタク差別など存在しない」←そう言いつつ自分らがこの世で一番オタクを憎悪して差別している。

完全一致ですねw

自分の意思で変えられる属性を理由とした排斥は差別じゃないなら、赤狩りや宗教弾圧やイスラム教徒排斥も差別じゃないことになりますね。
バカサヨの皆さんは今後安倍自民が赤狩りを始めて自分が虐殺されそうになっても騒がないでくださいねw左翼をやめさえすれば済む話ですからw

それとバカサヨは、はすみとしこ騒動の時にはすみのヘイト絵を見てやっぱりオタクはネトウヨだとかほざいてたっけ。
いやでも、あのオバンの絵柄はどう見ても萌え絵・オタク絵じゃねーじゃん。
あれがオタクはネトウヨの証拠になるなら、桑原さんはオタクでありネトウヨということになるな。
最近、桑原さんは安倍政権風刺漫画を自作したが、バカサヨによれば漫画家=オタクだから桑原さんもオタクということになり、ネトウヨということになる。

http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1071232629.html

まあ桑原さんと違ってネトウヨの左版であるバカサヨには論理的思考ができんから仕方ねーわなw

http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1069682218.html#comments
>60 桑原一馬(管理人) 2018年01月20日 10:05
>※49

>まあ、差別と呼ぶか偏見と呼ぶかは議論を呼ぶところだけど、どっちにしろろくでもないよね。

>※57

>>>「アニメオタクはネトウヨだ」とか
>>>「アイドルオタクはネトウヨだ」とか

>念の為言っておくけど、僕はこういう偏見を全く支持しないからね。

てきとう民やツイサヨなどのバカサヨ脂肪wこれが桑原さんの公式見解w
オタクが憎くて憎くて仕方がないバカサヨは早く脱愛国カルトのススメから出てってくださいねw
3:作文が趣味 :

2018/05/16 (Wed) 17:01:09

オタクで左翼,って人も普通にいるわけですし,「オタク=ネトウヨ」なんて図式は一部で存在するかも知れないけど,決して一般的な認識ではないですね。

まぁもともとオタク的な自由な表現は,表現の自由(リベラル的な価値観)なしには成り立たないものだと思います。



以前色々とご迷惑をおかけしましたが,こちらの件については,バシルーラさんのおっしゃるところに全面的に同意します。
4:バシルーラ :

2018/05/16 (Wed) 22:27:34

ネトウヨもバカサヨも嫌いさん

ほんとそのとおり、99%賛同します(*^_^*)

でも、残り1%に異議を申し立てたいのだけれど
「オタク差別」をする輩って、バカサヨだけじゃなくてネトウヨにもいるのですよ。

明らかな「ウヨ」で「オタクは~」とか言ってるバカがいるから、ほんと困りものなのです。


ただね、こういうネトウヨ連中って、
「在日は自分勝手で攻撃的」とか、十把一絡げの決めつけ差別発言しつつ
「オタクはキモイ」とか、やっぱり十把一絡げの差別発言してて
その意味では、少なくとも行動に一貫性があるわけです。
(非常に良くない一貫性だけどw)

方やサヨク連中は
「外国人差別は良くない!」とかいいながら
片方では「オタク差別」

こういうダブスタが一番嫌いなのですよ、私は。

喩えるなら、

「まったくよー、禁煙の場所で平気で煙草吸ってる奴らってなんなの?
 社会ルールを守る気ないバカかよ!」
などと、【満員電車の中、携帯電話で大声で喋ってるバカオヤジ】

みたいなもんですか?w

5:バシルーラ :

2018/05/16 (Wed) 22:41:34

作文が趣味さん

こちらこそ、以前はご迷惑をおかけしました。

本件への賛同、ありがとうございます。

「それはそれ、これはこれ」として、是々非々で公正に判断するあなたのスタンスには
心から敬意を表します。

さて、

>「オタク=ネトウヨ」なんて図式は一部で存在するかも知れないけど,決して一般的な認識ではないですね。

これはまったくそのとおりで、「決めつけ」「レッテル貼り」の最たるものでしょう。

ただ、論破は簡単。

私が常駐している、趣味関係のSNSにも、もうバリバリそれ系オタクかつリベラルって人がいっぱいいます。

でも、その場所では右も左も無関係。共通の趣味を通して、仲良くやっているわけです。

こういう実例を示してやれば「オタク=ネトウヨ」ではないことは簡単に証明できます。

つまるところ、オタクの中にも、非オタクの中にもネトウヨもいるし、そうじゃない人もいるという、単純かつあたりまえの結論に落ち着くわけです。

ただ、もっとたちが悪いのは
「オタク=ネトウヨ」という決めつけではなく、
「オタク=キモイ」
「オタク=ニート」
「オタク=まっとうな人間じゃない」
などと、堂々と差別するやからです。

で、
「それって『韓国人は~』とか言ってるネトウヨと同じ、差別ですよ」と指摘すると
冒頭の論理

「民族、人種は変えられない属性だけど、趣味・嗜好は」と来るわけです。

こういう連中は、どんなに言葉を尽くしても、説得しようとしても、徒労に終わることがほとんどです(あくまで経験則ですが)

だから、こういう人たちは、いくら山本弘氏がああやって道を説こうが、やはり聞く耳は持たないのでしょうね。

自分がある事柄を好きでいることで、謂われない誹謗中傷を受けることが
すなわち「思想信条の自由」を著しく侵害していることに思い至らない人たちは
リベラルでも左翼でもなんでもない、ただの「差別主義者」であると私は思います。
6:ハンバート・ハンバート :

2018/05/17 (Thu) 16:33:25

私の場合、恥ずかしながら高校生のころネトウヨ化(この呼称を嫌う人もおりますが嫌韓コピペ鵜呑みにして単なるレイシストと化していたので)していた時期がありましたが、2CHのオタクやロリコンは在日という書き込みを見て、この人たちは気に入らないものは何でも切り捨てるのだなとなんだか冷めてしまった経験があります。
振り返るとこれも単純すぎるものの見方で、そういう馬鹿なことを言う連中も中にはいると、鼻であしらうのが妥当だったと思いますが(今ですとてきとうのコメント欄なんかは一部が頭悪いという感想しかありません)

ただ私はここで使う名義の通りロリコンであり、自分の「特殊性癖」に対する負い目が人格形成に大きく影響していたこともあって、性癖や嗜好を二の次にはし難いのです。
当時の創作物に対する規制が現実味を帯びていた危機的状況の中で、表現規制を食い止めるのに最大の貢献をしてくれたのが枝野幸男議員と保坂展人現世田谷区長でした。また蓮舫氏辻元氏福島氏なども表現規制には慎重な立場であったと記憶しておりますし、故に今も感謝しております。

漫画家のカヤマンさんのように枝野議員にロビイングされた方は尊敬できますが、同業者に後ろ足で砂をかけ、国が滅びれば表現の自由があっても意味がないと規制反対運動を冷笑し、自民にロビイングすると言っておきながら何もしなかったKAKERUのような輩には軽蔑の念しか抱けません。とりわけ現在しばしば見られるように枝野氏をデマで誹謗し、枝野=規制派、麻生=規制反対などと事実をゆがめて発信する連中には憤りを通り越して冷たいものを感じます。このような連中は趣味嗜好に対し不誠実でありオタクを自称してほしくないものです。

…どうしても右寄りからは左の、左寄りからは右の欠点が殊更に目立って見えるものですね。私の場合趣味嗜好を変えられないからこそそれに対し不誠実な一部右派に不満が募ります。
7:ヨシキ :

2018/05/18 (Fri) 01:02:41

バシルーラさん

私は「日の丸」のスレでコメントした通り、ガッチガチの左翼一家に生まれたと言って差し支えない者ですが(笑)アニメは大好きなので貴方の考えに同意します。右でも左でも、偏見や先入観でモノを言うようになったら終わりですね。
8:バシルーラ :

2018/05/18 (Fri) 12:37:26

ハンバート・ハンバートさん

>オタクやロリコンは在日

なんと! じゃあ私も「在日」だw
(いや私はロリコンじゃないですよ。でも、オタクではあるので)
というか、「日本在住」なんだから、在日でいいのかw

ところで、「ロリコン」といえば、山本弘氏がそう自称されてましたね。

実際に幼い女の子を誘拐したり、猥褻行為をしたりすればそれは犯罪ですし、
いわゆる「児童ポルノ」の類を所持するのも、やはり犯罪ですが、そういう行為ではなく
二次元の幼女たちを眺めて愛でるのは許される範囲ですよね。

私個人的には、二次元といえども幼い女の子を凌辱したり、過激なエロ表現のものは嫌いです。

しかし、先の山本弘氏は「ロリコン性癖がありながら、犯罪に手を染めないようにしっかりと自制しつつ、二次元で楽しんでいる人たちまでも糾弾するのは不当だ」とおっしゃっていて、これはまさしくそのとおりだと思います。

さらに、エロを伴わない少女の絵やアニメ(プリキュアとか)を楽しんだり、ボーカロイドの「歌愛ユキちゃん」(小学3年生設定)に歌ってもらったりすることまでを白眼視する風潮が一部にありますが、こんなのはもはや「魔女狩り」の域でしょう。

枝野氏やレンホウ氏などの、憲法や防衛に対する考え方には一切共感できませんが、
一方で表現規制に尽力いただいているところは、公正に感謝すべきと思いますし、
やはり「是々非々」という考え方が大切なのかなと思います。
9:バシルーラ :

2018/05/18 (Fri) 12:38:38

ヨシキさん

>右でも左でも、偏見や先入観でモノを言うようになったら終わりですね。

まさにそのとおりだと思います。
100%同意です。
10:ハラダ :

2018/05/18 (Fri) 13:13:56

「糾弾」というものと「距離を置く」ということを一緒にしてはいけないなとは個人的に思っています。例えば、「自分は小児性愛気質があるが、犯罪行為をするつもりはない」と公言している人がいれば、「このロリコンめ!」とか「きもちわりーなあっち行け」などとはもちろん言わないし、愉快な人間でさえあれば友人にだってなるでしょうが、自分の妹や娘、姪っ子などを彼の目の前に連れて行けるかと考えれば、少し困ってしまいます。

差別とは「その人を不当に扱うこと」という面もありますので、例えば自分の親戚一同を誘って自分の娘の運動会に出かけるといったことがあったとして、そのメンバーの中に「ロリコン公言」している人がいたら、一緒に連れて行く勇気が私にはないかもしれないし、これは彼を差別していると言えるのかもしれない。

ある種の人の口癖として、「差別じゃありません、区別です」というものがあり、私は吐き気がするくらいその言い分が嫌いなのですが、自分を省みたときに、そんな考え方が全く自分にはないときっぱり言える強さが、今のところ私にはないようです。
11:バシルーラ :

2018/05/18 (Fri) 19:36:18

ハラダさん

おっしゃることはよくわかります。
私もいわゆる「ロリコン」ではありませんので、
犯罪者でなくても、ロリコンの人に、無警戒に親戚の
幼い女の子を引き合わせるのは、やはり正直、抵抗があります。

ただ、問題は無害な(ロリコンの人も、キッチリと律している人は本来無害ですが、ただ同じ嗜好で犯罪者がいるために、無害な人まで警戒されるのは、気の毒な部分ではあると思いますが)ただのアニメオタク、ゲームオタクなどを「キモい」とか「人間として欠陥がある」とか差別すること。

そして、差別しておいて「趣味嗜好は変えればいい」などと嘯く輩。

こういうのは、到底容認できません。



12:ヨシキ :

2018/05/18 (Fri) 22:15:16

バシルーラさん

お返事ありがとうございます。
本題とはそれますが、何かおすすめのアニメや漫画はありますか?
私は「輪るピングドラム」が好きです。
13:バシルーラ :

2018/05/19 (Sat) 02:58:12

ヨシキさん

最近はあんまりアニメみてないですねえ。
私はアニメにはかなり興味がありますが、属性としては「アニメオタク」ではなくて
別のもののオタクです。
(音楽に関する「あるもの」です)

一番好きでハマったのは、何といっても「涼宮ハルヒ」のシリーズですね。
かの筒井康隆先生も、この作品(アニメの方だったか原作小説の方だったか)を非常に気に入り、とうとう自分でも「ビアンカ・オーバースタディ」というライトノベルを書いてしまうという、まさに「先生、何やってるんですか」状態ですw

こちらの小節もオススメです。

もう少し新しいところでは「シュタインズ・ゲート」が良かったです。
(今は新しく「シュタインズ・ゲート・ゼロ」が放映されてます)

感動したのはSHIROBAKO。

昭和元禄落語心中、僕だけがいない街、Re:ゼロから始める異世界生活
亜人、甲鉄城のカバネリ、ガールズ&パンツァー、這い寄れニャル子さん
俺の妹がこんなにかわいいわけがない、響けユーフォニアム、PSYCHO-PASS …

列挙すればキリがないですが、本当に最近観ていなくて、新しいのが全然わかりません><;

去年、環境が変わったのが原因で、なんとなく遠のいていますが、頑張って復活させたいです。

あ、肝腎なのを忘れてた!
アニメ好きになった原点は、なんといってもガンダムとうる星やつらですね。

長々とすみません。
また新しい知識を仕入れておきます。
14:バシルーラ :

2018/05/19 (Sat) 03:04:28

あ、そうそう、「ひぐらしのなく頃に」も良かったですね。
これにもハマって、実写版まで観に行きましたw

あと、「屍鬼」という小野不由美さんの小説がありますが、
この小説の独特の暗い雰囲気が大好きでしたが、これをアニメ化したものも
原作の雰囲気を上手く再現していて、なかなか良かったです。

あと「君の名は。」と「この世界の片隅に」は両方とも観ましたが
「この世界の片隅に」にも感動し、呉まで聖地巡礼に行ってきましたw

15:バシルーラ :

2018/05/19 (Sat) 03:09:54

「輪るピングドラム」ググってみましたが、面白そうですね!
ぜひ観てみます!

面白そうなのを教えて下さって、ありがとうございました。
16:ヨシキ :

2018/05/19 (Sat) 10:40:52

バシルーラさん

お返事ありがとうございます。
「涼宮ハルヒ」も「シュタゲ」もお恥ずかしながら見たことがなく……。
ぜひ見てみたいと思います!

ひぐらしは私も実写まで行きましたw


>「この世界の片隅に」にも感動し、呉まで聖地巡礼に行ってきましたw

そんなに素晴らしい作品なのですね。見てみたいと思います。
こちらこそ、面白そうなのを色々と教えていただいて、ありがとうございました。
17:ハラダ :

2018/05/23 (Wed) 02:51:03

バシルーラさん

>犯罪者でなくても、ロリコンの人に、無警戒に親戚の
>幼い女の子を引き合わせるのは、やはり正直、抵抗があります。

本当はその考え方は論理的ではないのだと私も思うのですけれどね。例えば私は相当女好きで、道徳にもとることもたくさんやってきたのですが(どーでもいい情報なので10分後には忘れてください)、友人が「ハラダには自分の彼女(妻)を会わせない、何されるか解らない」などと言ってきたら「差別するな! そして俺がどんな女にも手を出すと思うな!」と抗議の一つでもしたくなりますし。

ただ、そこでものを言うのは、その友人と私の関係性なのですよね。なんというかうまく言えませんが、差別をなくすには「とにかくその人を知ること」ということが必要なのだと思います。例えば上で出した運動会の話でも、「幼児に恋愛感情を抱くことがある」みたいな人がいたとして、でも、私が彼のことをよく知っていれば、「おまえわしの姪に手出したらまじ右と左の乳首入れ替えるけえの」などと軽口を叩けますし、そういうのは差別とは程遠いコミュニケーションなのではないかなと思います。

差別心というのは、優越感を抱きたいという欲望もあるのでしょうが、その対象のことををよく知らないからという背景もあるのだと思います。

>オタク、ゲームオタクなどを「キモい」とか「人間として欠陥がある」とか差別すること。
>そして、差別しておいて「趣味嗜好は変えればいい」などと嘯く輩。
>こういうのは、到底容認できません。

おっしゃるとおりですね。私は個人的には、そういう物言いをする人間をこそ「その道」に引っ張り込むのが最高に楽しいだろうなあって思います。

にしても呉にいらっしゃったのですね。私の祖母の家が呉にあるのであのあたりにいくたび、「すずさんの家はどこじゃろかい」などと考えてしまいます。
18:バシルーラ :

2018/05/25 (Fri) 18:13:40

ハラダさん

まあ、女好きにもいろいろありますからw

キャバクラ通い専門とか、独身フリーの女性ばかり狙って、他人の女には手を出さないという女好きと、相手かまわず人妻だろうがお構いなしという輩がいて、後者の人間には自分の恋人や妻を紹介なんてできるわけがないでしょう。

まあ、そのあたりの話は10分たったら忘れるとして、私の主張の肝の部分にご賛同いただいてありがとうございます。

>そういう物言いをする人間をこそ「その道」に引っ張り込むのが最高に楽しいだろうなあって思います。

いつかはやってみたいですね。
そして数年後… そいつが
「おい、こんどアニメ◎◎の限定初回DVDBOXがでるんだってな! 俺、もう先行予約したぜ」

などと自慢してきたときに、「あれ? お前そう言うのキモいとかいってなかったっけ?」と、ネチネチいじめるのも楽しそうです(すみません、性格悪いです)

呉には、広島市内に住んでる友人と落ちあい、案内してもらいました。
地元の人がついててくれると心強いですね。
19:ヨシキ :

2018/05/26 (Sat) 02:04:59

ハラダさん

>>例えば私は相当女好きで、道徳にもとることもたくさんやってきたのですが(どーでもいい情報なので10分後には忘れてください)

ハラダさんのその優しい語り口からは想像もつきませんね笑 いったいどんなことをされたのでしょうか。10分以上経ちましたが忘れられませんでした。ごめんなさい笑


>>差別心というのは、優越感を抱きたいという欲望もあるのでしょうが、その対象のことををよく知らないからという背景もあるのだと思います。

それは絶対にありますよね。正直私も自分にはよくわからない属性にウッとなることはあります。ただその感情をどう処理するかが重要ですよね。少しでも理解しようとするのか、それとも何も知らぬまま遠ざけようとするのか……。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.